元サッカー日本代表・中澤佑二が20年間一度も食べなかったアレとはなにか?その理由は?インスタも【行列】

こんばんは!むき栗です。

元サッカー代表中澤佑二さんが、3/3(日)21:00〜21:54の

行列ができる法律相談所に出演されます!

引用:https://www.ntv.co.jp/horitsu/articles/?tag=次回予告

中澤佑二さん。20年間一度も食べなかったという食べ物

あるそうです。

皆さん、気になりますよね?

今回は、その食べ物はなにか?

またその理由はなぜなのか、中澤佑二さんのプロフィール紹介

などを交えてご紹介していきたいと思います!

それでは早速、いってみましょう!!




目次

・中澤佑二が20年間一度も食べていないアレとは?

・中澤佑二のwiki風プロフィール

・中澤佑二のインスタは?

・まとめ

中澤佑二が20年間一度も食べていないアレとは?

それでは、結論からいってしまいましょうか。

中澤佑二が20年間一度も食べてないアレの存在とは・・・?

それは・・・

ズバリ唐揚げです!!

引用:https://www.hotpepper.jp/strJ001154782/

20年間も唐揚げを食べないなんて・・・

考えられます?

パンピーの私には考えられません笑

だって、中澤佑二さん。

今、41歳ですよ?

21歳から唐揚げを食べてないってことです。

確かに唐揚げって美味しいけど、その分

油分が半端ないですもんね・・・

ちなみに私は今ドトールで記事書いてるんですが、

お腹減ったんでLチキ食べて帰る予定です。

話が逸れました。

中澤佑二さんが唐揚げに20年間手を出さなかった理由は・・・

言うまでもなく、油分が多く、太るから。でしょうね!!

中澤佑二さんは、2010 FIFAワールドカップの開幕前まで

キャプテンだったので、バクバクと唐揚げを食べていては、

メンバーに示しがつかないという所でしょうか。

唐揚げはダメだけど、軟骨揚げとかは食べてたのでしょうか?笑

唐揚げを20年ぶりに解禁する理由としては・・・

やはり、1月8日に引退表明したことでしょう。

20年ぶりに食べる唐揚げって・・・

どんな味がするんでしょうね・・・(味は同じか)

中澤佑二のwiki風プロフィール

引用:https://number.bunshun.jp/articles/-/832462

年齢:1978年2月25日(41歳)

生まれ:埼玉県

身長:187cm

所属チーム:横浜F・マリノス

あだ名:ボンバーヘアー

・サッカーを始めたのは、小学6年生とプロとしては遅め。

・母校(埼玉県立三郷工業技術高等学校)がサッカーの強豪ではなかった為、

ブラジルへ留学サッカーを行う。

・1998年ヴェルディ川崎との練習試合で結果を残し、練習生として契約を結ぶ。

・1999年プロ契約決定。Jリーグ新人王に輝く。

・2002年に横浜F・マリノスに移籍。

・2004年にJリーグMVPを獲得。

・2013年〜2015年10月には500回もの試合に出場。

・2017年にはフル出場歴代1位の140試合を達成。

・この頃から40歳には引退すると公言していた。

・2019年1月8日、引退を表明。

1998年の練習生時代では、クラブからの給料はなく、

交通費も自費で、むしろ参加費用をとられていたとのこと。

この境遇に、中澤佑二は落胆していた。

そんな現状を打破する為に、結果を残し、

新人王を獲得するというのは、並大抵の努力では不可能ですね。

そういえば、この頃から唐揚げを食べていなかったんだなあ・・・。

素晴らしいストイックさです。

中澤佑二のインスタは?

最近インスタをやっていない芸能人の方も

一定数いますからね。

中澤佑二さんはやっているかな?と心配でしたが・・・

ありました!ありました!

濃いイケメンで、やはり身長高いですねえー!!

よく見て下さいね!

この写真よく見たら、中澤佑二さんしゃがんでますから笑

しゃがんだ状態で児島と同じ身長だとは・・・。

児島もこう見えて、177cmと高身長ですからね!

ほら、霊長類最強のあの吉田沙保里さんでさえ

女の子になってる笑

他にもイケメンで面白い画像が沢山載ってましたが、

長くなってしまうので、割愛させてもらいますね!




まとめ

いかがでしたか?

中澤佑二さんのことが少しでも、知っていただければ幸いです。

引退を表明してしまったので、サッカー場で見ることはなくなってしまい

ますが、タレントとしてTVに出演し続けてくれると嬉しいですね。

これからも応援していきたいと思います!

それではまた!

スポンサードリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする